BT2Reaper for REAPER

Using this app, you can input to Reaper for Windows from a Bluetooth MIDI device.
This app does not require a virtual port app like loopMIDI.
日本語の説明はページの下のほうにあります。

Don’t update to Windows 10 May 2020 Update (Version 2004). With this version, you can’t connect some of Bluetooth device.


Download

Please check the operation with the trial version before purchasing.

the green lamp in the upper right corner of the window flashes when there is Bluetooth MIDI input

This app supports

  • Quicco Sound mi.1
  • Yamaha UD-BT01
  • Yamaha MD-BT01
  • ROLI Light Pad Block

How to setup

  • Pairing your device
  1. Open the Bluetooth settings.
  2. Click [Add Bluetooth or other device] and choose [Bluetooth].
  3. Choose your Bluetooth MIDI device.
  • Reaper settings
  1. [Options] menu – [Preferences] – [Control/OSC/web] tab
  2. [Add] button
  3. Control suface mode: [OSC (Open Sound Control)]
  4. Enter as below.
    Device name: ANY
    Pattern config: Default
    Mode: Local port [receive only]
    Local listen port: 58000
    click the [OK] button
  5. Arm MIDI / Instruments track, choose Input Track : Input , Virtual MIDI keyboard
  • MIDI messages
    You can send note on, note off, control change, program change, pitch bend, polyaftertouch, channelpressure.

We tested this app with Reaper 6.10 and 6.11 (64 bit).

Note

If the app doesn’t recognize your device, click the Restart App button.
If the app recognizes your device and the delay is high, click the Restart App button.

Log

Ver 1.0.1 First release.
Ver 1.0.2 Add input indicator, fix icon.

日本語

ReaperでBluetooth MIDIデバイスによる入力を可能にするソフトウェアです。
MIDIberryシリーズと異なり、loopMIDIなどの仮想MIDIポートアプリは不要です。このアプリとReaperだけでOKです。
無料試用版で動作を確かめてから購入してください。

BLE-MIDIデバイスからのIDI入力があると、デバイスリストの右上にある緑色のランプが点滅します。

現在、以下のデバイスをサポートしています。

  • Quicco Sound mi.1
  • Yamaha UD-BT01
  • Yamaha MD-BT01
  • ROLI Light Pad Block

セットアップ方法

  • デバイスのペアリング
  1. 「Bluetoothとその他のデバイス」を開く
  2. 「Bluetoothまたはその他のデバイスを追加する」 、「Bluetooth」を選択
  3. リストアップされたBluetooth MIDIデバイスを選択
  • Reaper 設定
  1. [Options] メニュー – [Preferences] – [Control/OSC/web] tab
  2. [Add] ボタン
  3. Control suface mode: [OSC (Open Sound Control)]
  4. 以下の項目を入力、選択
    Device name: ANY
    Pattern config: Default
    Mode: Local port [receive only]
    Local listen port: 58000
    「OK」 ボタンをクリック
  5. MIDI / Instruments トラックのArmボタンを押し、Input Track : Input で Virtual MIDI keyboard を選択
  • MIDIメッセージ
    以下のMIDIメッセージを送信できます。
    note on, note off, control change, program change, pitch bend, polyaftertouch, channelpressure.

私達は Reaper 6.10、6.11(64bit)でテストしました。

覚え書き

もし、アプリがあなたのデバイスを認識しなかったら、Restart Appボタンをクリックしてください。
また、アプリがデバイスを認識しても遅延が大きい場合は、Restart Appボタンをクリックしてください。