MIDIberry

MIDIberry is MIDI bridge app for Windows 10.
You can connect INPUT to OUTPUT, between different MIDI devices.
Support UWP MIDI API,
Bluetooth MIDI (MIDI over Bluetooth Low Energy / BLE MIDI)
– BLE MIDI support for only Windows 10 Anniversary Update. Input works largely well, but data is lost in the output, because of limit of Windows, due to technical limitations outside of our control.

Private policy
NEWBODYFRESHER doesn’t collect information of the user’s personal information and privacy by our application.
Apps: MIDIberry, WindSYNTHberry

HOW TO USE MIDIberry with DAW

UWP MIDI APIに対応した、Windows 10専用のMIDIブリッジアプリです。
異なるデバイス間でのMIDI信号のやりとりを可能にします(ただし、一方向)。
Windows 10 Anniversary Update以降を推奨(TH2以降で動作)。

プライバシーポリシー
NEWBODYFRESHERは、提供するアプリによって、利用者の個人情報ならびにプライバシーに関わる情報を収集しません。
対象アプリ: MIDIberry, WindSYNTHberry

Download

MIDIberry

Ver. 1.0.3: Transcription corrected, added All Note Off Button.
Ver. 1.0.2: Transcription corrected, added x64 support.
Ver. 1.0.1: First release.

使い方

入力(INPUT)と出力(OUTPUT)にMIDIデバイスを指定。MIDI信号がINPUTからOUTPUTへ送られます。

PCにMIDIキーボードを接続して、INPUTにそのドライバを選択、OUTPUTにMicrosoft GS Wavetable Synthを選べば、すぐに音が鳴らせます。

入力されたMIDIメッセージを確認することができます。機器のテストにもどうぞ。

自動検出、MIDIモニターをオフにすると負荷を下げることができます。

DAWなどで使う場合はloopMIDIなどの仮想MIDIポートドライバを使用してください。一部のドライバ(loopMIDI、rtMIDIなど)では、OUTPUT側のデバイス名が「MIDI」になってしまうので、デバイス名の後にあるカッコ内のIDを参考にしてください(デバイス名が「MIDI」になるのはWindows SDKのバグだと思われます)。

Windows 10 Anniversary Update環境では、BLE MIDI対応のQUICCO SOUNDのmi.1 (rev.3)が使用できます。Windowsの「設定」-「Bluetooth」からペアリングした上でMIDIberryを起動、デバイスを選択してください(アプリ内にBluetoothの設定はありません)。

BLE MIDI 対応デバイス 動作報告

QUICCO SOUND mi.1
OK. 上記参照。

YAMAHA UD-BT01
OK. 動作報告がユーザーさんよりありました。ありがとうございます!

iOS
iOSではAdvertise as Bluetooth LE (Peripheralとして)で接続が可能でした。ただし、いったん接続が解除されると、WindowsのBluetooth設定でデバイスを削除、再度ペアリングを行う必要がありました。(追記)iOS 10.1.1までは動いていたのですが、iOS 10.2以降で動かなくなりました。ペアリング後、接続してもすぐに接続が切れるという状態です。残念。

その他の動作報告もお待ちしております。

上の動画は開発中のバージョンを使用しています。
質問などはコメント欄にお願いします。

このプログラムはこちらを参考に作成しています。
Copyright (c) Microsoft. All rights reserved.
This code is licensed under the MIT License (MIT).
http://opensource.org/licenses/mit-license.phpアイコンやスプラッシュスクリーンの画像はwebmusic-iconsを使用しました。

履歴

Ver. 1.0.3 (2016.12.28):
表記の修正(MIDIメッセージなど)、All Note Offボタン追加(音が止まらなくなった時などに)、MONITOR OFF時の処理変更
Ver. 1.0.2 (2016.12.19):
表記の修正(スタートメニュー登録時のアプリ名の修正)、x64サポート追加
Ver. 1.0.1 (2016.12.28):
最初のリリース